坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

笛綸ちゃんの活動日誌 34回目『答えというもの』

f:id:sakai-fate:20170907223557j:plain

前回のブログ記事で

>これからは、無駄遣いを無くしていくためにも、少しずつ制限を加え、ギャンブルを禁止してから、お菓子を禁止して、コーラを禁止して、土日の食事も安いもので済ましていく。

>アニメグッズも、本当に欲しい物以外は極力買わない。

と打っておいて、

・パチンコのハーデス打ってしまった

・自分の通帳を奪い去って3万円下ろし、再び戻す

加藤恵ねんどろいどを買ってしまう

という暴挙に出てしまいました。

物欲と貪欲に負けて、他人から批判を喰らい、最終的に総攻撃喰らって、禁止令をいくつか出され、自分としてピンチな状況が続いています。

「欲しい物買えたのはいいんだけれど、結果的に損も買ってしまった」みたいな図式になってしまいました。

しかし、よくよく考えてみれば、旅行をするためにお金に制限をつけるという構図の「答え」の出し方が、よく分かりません。

相談センター、作業所施設、住宅、三者が違う意見を後々に言っているように感じ、どれが「正解」なのか、分からなくなりました。

それぞれの言い分を聞くと「1万円必ず預けて、残った工賃だけ自由に使える」というふうに取れます。

しかし、それを続けると、「工賃を1万円以下でもらう月が発生する可能性があるため、月0円生活をやらされるハメになる」という場合があります

このままでは、自分を旅行に導けるような条件が、来年の2月に確定せず、3月はまた持ち越しになるのではないかという不安。

もう一回整理してもらうために、会議の議事録をワープロで打ってもらって、この間の会議で決まったことについて、きちんと白黒をつけないといけないです。

三者三様の意見に振り回されていては、旅行もグッズも、何もかも得られなくなってしまいます。

自分は専ら、作業所の人の意見しか聞いておらず、「作業所の所長が言うことは絶対である」としか、思っていないので、信頼できるソースは、作業所の所長くらいなものですけれど…

今回、「預ける意味が無いのでパチンコ禁止令」を住宅から、「通帳盗るため自宅戻り禁止」を作業所から喰らいました。

これから先、禁止令を絶対的に守っていかなければなりません。

そのため、現在「スロットのハーデスを打ち、結果がどっち転びになるか分からないが、勝ったら欲しいアニメグッズと絵の記述書を買い揃えて、絶対に辞める」という企みをしているのですが、前述の禁止令を喰らっているので、それができません。

辛くはありますが、守るべきもの守らずして、お金を貯めることなど、難しいですからね…

 

とにかく、三者三様の意見が分かれている「何円預ければグッドラック」なのかを、明確にしてほしいです。

では、今週はここまで。