坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

笛綸ちゃんの活動日誌 32mm『台風と大雨と』

お久しぶりです、笛綸です。

火曜日に絵を描いたのですが、斜めからアタリを取った結果、グダグダになり、twitterに公開する勇気がなく、逃げていました。

 

さて、九州北部はとりわけ天候が思わしくなく、火曜日に台風が来た後、おかしくなっています。

水曜日から活発な前線が九州北部に伸びており、梅雨末期の大雨と化していて、非常に雨が降っています。

テレビでも報道されているとおり、福岡県~大分県にかけてのラインが、一番大雨が降っており、福岡県や大分県では、死者行方不明者が相次いでいます。

佐賀市内はまだ大丈夫ですが、自分の住む住宅の目の前は、冠水していました。

更に、大きな川があるのですが、こちらの状況も、思わしくありません。

佐賀市内というのは、南部は嘉瀬川筑後川の汽水域のため、満潮時間に川の流れが激しくなると、大変危険です。

そして、佐賀大学前や佐賀駅前など、低くて浸水しやすい地域があり、大雨で床上浸水も度々起こっています。

筑後川の対岸の福岡県久留米市では、30万人以上の全市民に避難を呼びかけるなど、大変な状況になっていますが、佐賀市もいつ、このような状況になるのか、予知もできません。

未だに、大雨で心配なことばかり考えますが、1週間は耐えどきなので、とにかく、この前線が北上しない限りは、何の解決もありません。

ただただ、早く晴れるように、願うばかりです。

 

次の記事では、近況報告をいたします。

大雨の話題はこれまでにして、明るく過ごしていますね。