坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

笛綸ちゃんの活動日誌 31回目『サガン鳥栖戦参戦!しかし・・・』

f:id:sakai-fate:20170621062839j:plain

ででん!

この度、坂井笛綸は、7月8日、サガン鳥栖VS川崎フロンターレ戦に参加することがほぼ決まりました。

工賃もある程度降り、そして、余裕のあるお金が、できたため、このチケットを買うことができました。

おまけつきで、このように『冴えない彼女の育てかた♭』も、期間内に楽しむことができました。

加藤と英梨々が大好きです。

しかし、あれやこれやに使いすぎて、もう使い果たしてしまいました。

自分の金銭管理って、本当にこんなんだから、つらいです。

 

サガン鳥栖戦は、5月27日より、DAZNで視聴を開始し、3試合通算で見ましたが、ここまで1勝2分で、微妙な出だしになりました。

なにせ、使えるのが左サイド、原川中心で動いていて、豊田に合わせようとして、失敗する点が多いので、もうちょっと右CF(イバルボ、富山、ドンゴンがいるとこ)に合わせてほしいです。

そのせいか、パンゾーこと、小林祐三に全くボールが来ないような気がしてなりません。

もちろん、同じくして、右SHにいる福田にもボールが渡らないので、右サイドがいかに攻められやすいか…。

鎌田のポジションも左サイド寄りになっていて、やはり豊田の意識が強すぎると思います。

得点者は鎌田、ドンゴン、原川と、豊田の点が1点もありません。

唯一FWが絡んでいるNACK5の1点は、原川がフリーキックを蹴った後に、ドンゴンのヘディングで決まった1点でした。

勝点3をゲットした鎌田のシュートは、吉田の折り返しからでした。

直近の試合は、吉田から原川に渡ってのゴール。

この通り、吉田と原川から繋がってのゴール(原川が直接)しかないのです。

まあ、15年観戦経歴があっても、素人同然の目線しか無い自分がいうのもあれですが、本当に、「右サイドどうにかしてくれよ!!」という攻撃が、ここ最近、多々有り。

仙台戦の富山の攻めなんか、結構立ち上がりから良かったのに、豊田ばっかり狙ってて、「なんだかなあ」、でした。

 

そんなわけで、4ヶ月ぶりに観戦してまいります。

7月8日は、きっと素敵な試合になるでしょう。

 

最近、野球にどっぷり行かずに、サッカーにはどっぷり行っている、笛綸でした。