坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

絵描き・笛綸 第1章『そんな風に描いてみた』

坂井笛綸、7年ぶりの久々な本格絵。

ようやく、今日、狼煙が上がって、描くことを始めましたが、案外最初の一歩でも、自画自賛するくらい画力は残っていて、なおかつ、再び『初心者』としてスタートラインを踏み出すきっかけの絵としては、最高の出だしかと思いました。

 

今回、5人の絵を描きました。

首より上だけですし、耳描いていませんが、5枚の絵を見て、想像してください。

 

1枚目
f:id:sakai-fate:20170515222004j:image

 誰か分かんなそうな一枚。

 

2枚目
f:id:sakai-fate:20170515222046j:image

ツインテールに丸付けただけ。

 

3枚目
f:id:sakai-fate:20170515222135j:image

以前描いていた絵に八重歯付けただけのようなもの、リボン忘れてる。

 

4枚目
f:id:sakai-fate:20170515222238j:image

第1作目、ようやくこの絵で流れ見えたかな?

 

5枚目。
f:id:sakai-fate:20170515222319j:image

この流れでこれが誰か分かるでしょ。

 

正解です。

 

  1. 氷堂美智留
  2. 波島出海
  3. 澤村・スペンサー・英梨々
  4. 加藤恵
  5. 霞ヶ丘詩羽

そうです、冴えない彼女の育てかた』で統一した!ということですが、美智留のクオリティの低さ、英梨々が自分にとって既出デザイン、自身持ったのが加藤だけ、詩羽先輩はまあまあ、出海が二番煎じ。

 

もう、7年も絵を描いていないと、それは、画力がこれだけ死んでますし、逆に1年で今までを取り返せるレベルになるのかと。

ただ、絵は上手くならないにしても、技術を付けることで、クオリティ(完成度的な意味合い)は上がるのではないかと。

ここから技術習得で、美智留の髪もイメージ通りになるかもしれませんし、出海ちゃんもただの丸付きツインテールではなくなる。

長くなるかもしれないけど、日々精進で、頑張ろう!

道具一式集めるよりも、まずは自分のこの画力を磨いて、少し経ったら、以前の5人よりどれだけ成長したか、紙に描いてみようかと。

 

やっと『趣味︰イラスト』にスタートラインを切った笛綸。

明日は、どんな人を描くのでしょうか。

 

突き進みましょう、また明日!