坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

笛綸ちゃんの活動日誌 4日目『欲を語るより精神を整えよ』

しばらくぶりです、笛綸です。
この2日、急に脱力感に気を取られ、生活にも影響してしまいました。
いざという時のための精神回復術を作業所の人に教えてもらい、いまではすっきり回復しました。
こういう事態に陥ってしまいましたことをお詫び申し上げ、反省いたします。
では、いきます。

ここ最近、情に流されすぎて、本当に反省物だ。
日常生活は楽しくない、作業も何かの圧力を受けているようで、何か力が出ない。
迷いを消してくれる方法を、まず今日教わり、自分としての主張を出す場を来週に提供してもらえる。
自分がこれだけネガティブになるのは、そう無理もない。
この前ブログにも公開したが、『貯めるお金はどこから持ってくるの』とか、『時期はいつにするの』とか、根本的なものから不透明になり、一気に見通しが立たなくなった。
たかが旅行のためで、6人巻き込んでいる。
ある人は何年も掛けてといい、ある人は諦めろといい、ネガティブがさらに拡大することしか言わなく、終いには旅行と宇宙旅行という、現実的と非現実的なもので比べられる。
『無理なく年内に貯めて、明るく楽しく目標に向かおう』ということを考えているのだが、抜本的な解決方法は何もない。
早い話、『何も言わずに行かせて、他の目標を貯金でやろうよ』といいたいが、母やら支援者やらから、圧力がかかって言えない。
だから自分は、『目標10万円で沼津に行き、みんなが言うとおり何年もかけてアニメの企画が終わった後、ゆっくりと楽しんでくるよ』、としかいえない。
ただでさえ年金も使ってまで貯金したくないのだ、こっちは。
親が出すか、貯めさせるかの二択しかないのに、親は出せない、希望金額は1年で届かない。
こちらの意見としては、すがりたくなく、目標も高すぎるのなら、誰も得しないのなら、せっかくの夢だが、諦める。
それなら九州場所を10月までに貯めて稀勢の里を見に行ったほうが早い。
預金見積はみんなが思っているものの10分の1しかない。
可能なら月5,000円はやりたいが、今のような生活ならば、確実なのは月1,000円くらいなものだ。
今回の精神統一でその煩悩は無くなったから、もう何もかもやめさせてくれ。

今回はかなりマイナスなことを吐いてしまい、大変申し訳ありません。
こうするしかなかったのです。
『活動日誌』とはいいますが、活動しているなかで思ったことをいう日誌なので、たまにこういうこともいいます。
今日のところは勘弁させてください。