坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

絵描き・笛綸 第15章『アイコン用だから即席』

f:id:sakai-fate:20170617234403j:plain

本当に即席で作ったため、ダメな箇所がいくつもある、鳥栖跳菜ちゃん2017年2nd。

アイコンでは、下が見切れておりますので、何とか、かろうじてこの部分だけ隠せています。

 

さて、自分は「絵描き」もしくは「美術でやっていきたい」という願望が、今回は「本気」でありますが、画材を購入したいのに、ここぞという時にお金がありません。

価格を全てひっくるめて、計算してみたのですが、鉛筆で1,500円、消しゴム練り消しは計300円としておいても、カッターナイフが必要らしく、さらに、鉛筆って、こするらしいので、ガーゼとかで500円持って行かれます。

で。羽ぼうきで、消しカスを飛ばすらしいので、さらに500円持って行かれます。

計算してみたところ、本代を除けば、画材は5,000円以内で収まるらしいのですが、これをやると、作業所側が黙ってはいないでしょう。

絶対、作業所サイドは「そんな画材はいらない」だの、「工賃から削ればいいじゃない」だの、言ってくるに違いない。

自分の絵に対する本気度を、わかってくれちゃいない。

プロになるのは無理かもしれないけれど、1年~3年描いて、この跳菜ちゃんを、跳ばせるような、そんな自分の中での「ヒロイン」にしたい。

スタッフもスタッフで、自分の画材を持っているはずなんだけれど、果たして、画材に対してのアドバイスは、あるのでしょうか。

画材に対して、もし、いいような結果が出るのであれば、せっかくの借金返済を、1度またリセットして、『Re:ゼロから始める借金返済生活』として、今後の『坂井笛綸お絵描きプロジェクト』を、進めていきたい。

今、頑張れるのは、自分の中で、絵のアドバイスをしてくれるスタッフがいる『絵を描く』と、『野菜を育てる』の2種類しかない。

とにかく、自分としては、この1年間、精一杯のことをやって、ただの『お絵描き』から『作品』を描くものとして、『絵師』として、認められるようになりたい。

ご覧の通り、まだ、作風に関しては、固定できていないのが事実です。

絶対、ここから、『ゼロから始める美術の描き方』を学んで、いつか、一人前の『絵師』、そこから『イラストレーター』なり、『美術家』なり、目指してやる。

そして、借金25万円を、すぐ返せるか分からないけれど、目標として、3年で返してみせる。

絶対努力してみせる!そして、見違えるような自分になってみせる!!

 

とにかく、月曜日にスタッフとよく相談して、頑張って絵を描いてみせます。

もちろん、アニメーターもイラストレーターも画家も、最初のうちは収入が物凄く低いです。

それを覚悟して、やっていく所存です。

師がいないために、独学で学ぶしかないんですけれど、もちろん、誰かの門を叩く必要も、いずれあると思います。

 

目指せ、『絵師』としての画力!!

 

というわけで、おやすみなさい。

笛綸ちゃんの活動日誌 本気度30?いや、100!『懲罰やら何やら、でも、目標は決まった!』

f:id:sakai-fate:20170611203451j:plain

月曜日に懲罰喰らいまして、22時に風呂にはいってしまったがために、滅茶苦茶怒られて、毎日掃除終わらないと、どこにも出かけられないようになりました。

そのため、今日が18時まで部屋の片付けをしていたので、歩けずじまいで日が暮れてしまって。

 

でまあ、自分として決まった方針なんですけども。

 

B型支援事業所からの目標:

絶対に良い絵を描いて、作品にする!

とにかく、こういう目標を立てましたが、具体的にいいますと、「自分はイラストを描いていたが、描き方や技法を習いたくて仕方がない。その後、数年かかるかもしれないが、その絵を『作品』として、商売するなり、展示するなり、幅広い公開方法を徹底したい

まあ、自分のいつもの気の迷いとの関連もあるのですが、自分として「あるがまま」に生きていきたいもので、その中で、自分として、「何か製作できる立場にならないか」と、ずっとずっと考えていました。

そしたら、スタッフに絵の上手い人がいて、その人の作品をまだ、見たことがなく、一度見て、そして唸ってから、教えてくれるかは分からないのですが、技法を学びたいなと。

自分の得意なものは、絵を想像する力と、組み立てていく力ですが、問題は不得意として、造形や変形など、形にするのが苦手というものでありまして。

跳菜ちゃんも跳菜ちゃんで、「自分の中で出来上がったイメージを固めて、1つの絵にした」というものもあって、あんな髪型になりました。

しかし、跳菜ちゃんの斜めや横、後ろ姿は、創造発揮しても、技法を学ばないかぎり、限界がくると、自分は思います。

ましてや、相手は人物画はもちろんのこと、多種多彩の作品を作業所で描いていらっしゃる方なので、マンガ的なイラストより、まず、リアリティなものを追求させられると思います。

弟子にしなくてもいいから、月謝払うから、講師として作業所で絵の授業やってくんないかなぁ・・・(外作業やんないと工賃減る)

頑張って野菜も育てて、絵も描こう。

野菜もある意味、クリエイティブだね。

 

ってなわけで、ふざけてないで寝ます。

笛綸ちゃんの活動日誌 冴えない29日間の過ごしかた『とりあえず見る、読む』

f:id:sakai-fate:20170605000048j:plain

跳菜「DAZNで観るサッカー最高。千葉の試合、砂埃のせいでスコアレスだったけど、大銀は熱い展開で最後PKあったけど、大分がリードしてた。」

 

というわけで、「見る、読む」を繰り返している週末。

 

昨日の夜からバーっとこれを読んでいました。

 

 今期絶賛ハマり中の『冴えない彼女の育てかた』第7巻~9巻途中まで。

先日のアニメ放送を見ている方なら分かると思いますが、原作読むと、一気に8巻で加速するんですよ。

倫理くんがね、詩羽先輩に歩み寄りますが、その後なんですが、大体7巻エピローグから8巻前半にかけて、急展開が待っています。

そのため、霞ヶ丘詩羽澤村・スペンサー・英梨々の話が、いよいよ大きな展開に向いていきます。

表紙を見ると分かりますように、9巻は英梨々のお話のようです。

8巻については、2巻連続加藤の表紙なのですが、加藤が活躍するのは、どうも8巻後半らへんになるようです。

今日中に10巻まで終わらせようと、必死になっていましたが、途中、2時間もDAZNで色んなサッカーの試合見てて、大幅ロスになってしまいました。

詩羽先輩はどういう形で割り込んでくるのか、ワクワクしますが、一応、12巻を今週中に終わらせて、月曜からは再び絵に専念することとなるでしょう。

長い梅雨、とりわけ雨が強くなる季節ですが、雨の日が多い今は、とりあえず、引きこもって、土日はラノベ読むことにしましょう。

 

もちろん、『ダイエット』に関しても、晴れる日はなるべく、といいますか、必ず歩きますので、8月終わりには、相当減量していることでしょう。

体重計が普通のやつだと2,000円くらいで置いているのですが、誰か買ってくれませんかね。

 

絵の方に3時間、散歩に1時間さいて、目標:自由発想でのデッサン、体重-10kg以上!

とにかく、頑張ります。

 

1ヶ月ちょっとで、大分自分を変えることができましたので、あとは相当な努力ですね。

今から始めましょう。

 

というわけで、17時ですが、今から歩いてきます。

ではまた。

笛綸ちゃんの活動日誌 ストレス度28『マジでやばいっす…』

f:id:sakai-fate:20170608052233j:plain

こいつのせいで、何kg太ってしまったのだろう。

コーラ菓子のせいで、何kg太ってしまったのだろう。

本当にヤバい。

何で、こいつをガバリガバリと飲んでしまっているのだろうか。

何で、お茶を飲まないのか。

自分にははっきり言って分からない。

要するに、こいつに依存しているから、甘いものを求めようとするのである。

人工甘味料には、砂糖を摂取したくなるという闇の魔法がある。

人工甘味料は、よく『ダイエット』だのいわれるが、逆に毒である。

だからこそ、こいつを断ちたい。

できれば、7月8月の2ヶ月間で、体重を70kg台前半~半ばに戻したいわけだ。

今、体重計に乗らないから分からないが、80kgをゆうに超している。

病院にいて、体重が落ちた頃より、10kgとはいわない以上に増加しているようだ。

7月からの1ヶ月半は、35度前後になる日が続くいわば『猛暑』の季節だ。

となれば、汗はかくし、暑さで食欲をやられるかもしれない。

昔は夏場になっても、スポーツドリンクさえあれば、自転車でどこまでも遠く行っていたような記憶はある。

今は、自転車に乗れないので、これのせいで、体重増加が加速してしまった。

MAXの時には100kg近い体重になっていたみたいで、そこから25kgくらい落ちた。

しかし、今のままだと、太ったままで夏場を乗り越えないといけなくなる。

痩せねば、痩せねば。

『金が無い』からといって、歩かないのが一番いけない。

そこで、『肉体改造』として、久々に歩き始めようと思っている。

梅雨シーズンでも、外に出ることは、レインコートがあるから可能である。

ただ、雨が降っても歩ける代償に、外ではレインコートがほとんど脱げない。

そして、大雨の時は歩くことができない。

梅雨が明けるのは早くても1ヶ月後の7月上旬。

この不安定な梅雨の天候の中で、自分はその後の夏場までに肉体改造ができるのだろうか。

 

あと、話は変わるものの、10万円返しはしたが、デレステとやらでケータイ払いしたがために、5万円ほど削ってしまった。

返した分は自分の口座に戻っていたため、5万円が消える羽目になってしまった。

作業所の所長によって、ケータイ払いが一切できないようになった。

また、所長の了解なしに、携帯ショップでプラン変更など、することはできなくなった。

重要なこと以外に関しては、所長がいないと、何もできない。

つまり、この状況下で工賃を仮にもらったとして、0円にすると、もう何もできないという警鐘である。

だから、ここでハッキリと明言しよう。

 

コーラなどジュースは買わない。

お菓子も買わない。

ギャンブルもしない。

価値ある趣味で使う。

 

自分として自制することを心がけて、これからの健康のためにも、楽しみのためにも、もちろんいちばん重要なのは、生活サイクル。

しっかりと作業をして、毎月貯められるようになって、少し余裕のあるお金で、趣味をする。

まずはモチベーションを上げないと。

 

今回の件で、モチベーションがだだ下がりで、もう嫌だ。

たとえここで8月が来たとしても、話し合いがあったとしても、旅行を取り消されることが目に見えている。

そのため、8月が到来しても、誰も許さないし、誰も何も認めてくれないだろう、としか思っていない。

もし、8月が来たとして、「はい、旅行してOKです。」という雰囲気には、支援者が持っていってくれないだろう。

日数としてすでに100日どころか、80日は切っているわけだが、6月20日が来たとしても、まだ2ヶ月、60日はある。

昔の精神だったら、すでに傷を負っていただろう。

それが今はストレス程度で済むようにはなったが、最近、感情の起伏が非常に激しい。

良いことが起きると物凄く感情が明るくなり、悪いことが起きると、もう口すら開けられなくなって、喋ることもままならなくなる。

だから、この調子で8月が来たとしても、いつまでもずっと『判定は黒、NG、アウト』としか思っていないため、『何をしても無駄』としか思わなくなる。

そうなると、作業することも無駄としか思わない。

現に、1万円しか得ていない状況下の生活で、休日通所していることや、工賃が上がらないのが、非常に自分としては苦痛である。

そもそも、今の住宅に移住したのは、地元・川副の一番の問題であるオスプレイ問題と、家族間のトラブルを引き離すために移住したに過ぎない。

結果、どうなったかというと、障害年金を無駄にしているとしか思えない。

まあ、この障害年金、旅行や趣味に使うことは許されない。

自分の我儘が今まで蓄積されたがために、結果的に悪い方向に向かってしまっている。

 

これからも、お金と健康と生活と作業、その他諸々に付き合っていかないといけないが、正直言って、今の自分は、今まで目標としていた『就職』より『旅行』に目が行ってしまって、本来の目的とは違うことばかり白黒思考を働かせて、ずっと『黒』しか見つめていない。

苦しい状況ばかり目につけて、本当に何になるのだろうか。

本来ならば、目標に向かってずっと真っ直ぐに行っているはずなのだが、ここ最近、目標を何度も何度も失っており、イライライライラしている。

自分が一番悪いのだが、その責任をいつまでも、他人に押し付けている。

もちろん、自分に物凄く憤りを感じて、当たってはいる。

さっきも言ったとおり、昔の自分なら、即効で自分を傷つけていた。

どこかから血を流していた。

それが今無い分、マシだろう。

ただ、今まで「努力しなかった」、「何にもしなかった」が祟っているため、現に住宅の人からは、かなり過小評価されている。

相談センターの人からはある程度評価されてはいるが、現時点での最高責任者の作業所所長からは、もう色んな目で見られているため、もう疲れた。

でも、8月が来たとしても、自分の行動が結果に出ているがために、「何をしても今からじゃ無駄」なのは、目に見えている。

8月20日は日曜日のため、恐らく会議の段取りは21日以降、遅くても9月上旬までにあるとは思うが、もう、誰からも評価されずに、終わるだろう。

本当に疲れた、なにやっても無駄、諦めよう。

 

モチベーションがまただだ下がりしている。

今日も多分、作業に影響するんじゃないかな。

相談センターの人からは、「感情の起伏を作業に持って行かない」とはいわれているんだけどさ。

あと平日が50日続いて、その間にも作業しないといけないんですが、作業って、何なんですかね。

就職したいのはヤマヤマなんだけどさ、みんな旅行に行かせないせいで、就職できる気がしないよ。

 

あ、あと1時間で飯ですか。

モチベーション高めて、作業に行ってきます。

絵描き・笛綸 第14章『結局この季節』

f:id:sakai-fate:20170605000048j:plain

水着の季節ですね。

ということで、跳菜ちゃんに水着着せて見ました。

跳菜ちゃんはロリコンホイホイじゃない!ただ胸が無いだけなんだ!!

 

というわけで寝ます。

絵描き・笛綸 第13章『必死で描け、17の誇りで』

f:id:sakai-fate:20170604124227p:plain

 

無表情なのに、手はグッドのサイン。

訳分かんないですよね。

 

というわけで、久々に自分の全ての力を出して、キャラクターを描いてみました。

丁度、今日がDAZNで中継があり、16時からサガン鳥栖NACK5スタジアム大宮アルディージャと試合を行うそうなので、鳥栖跳菜ちゃんで。

背番号を佐藤大実選手の7番にしてみました。

苦難の時に何度もコンバートされていて、最終的にFWになってましたけど。

しばらく描いていない奈也美ちゃんと、この前描いた則網ちゃんは、胸が大きい設定ですが、跳菜ちゃんは『外見が幼く見える成人』なので、胸が小さいです。

スタジアムでは酒を飲まず、祝勝会するたんびにビール飲んでます。

 

しばらくコーラがない生活が続きますが、どうにかして我慢していきます。

絵描き・笛綸 第12.5章『新キャラ・跳菜ちゃん』

f:id:sakai-fate:20170601230624p:plain

塗りを若干変更して、完成させました。

セルフユニコラ、サガン鳥栖2003年ユニフォームVer.でやっています。

このキャラクター、塗りをヒントにして、名前を付けてみました。

 

鳥栖跳菜(とす・とばな)』と申します。

 

ネーミングの由来はアビスパ福岡の例の『跳ばない奴はサガン鳥栖』から来ています。

この年のサガン鳥栖は、非常にボロボロのシーズンで、28戦勝ち無しという、悲惨な状態にまで陥っていました。

佐藤大実がFWにコンバートされたり、佐藤陽彦が途中からキャプテンを譲ったり、てんやわんや。

高橋義希の来る1年前なので、もちろん、若手も伸びていない状況でした。

観客も、3,000人を切る試合があったり、非常に寂しい思いをしました。

 

思えば、あの時代があってこその、今のJ1で活躍できるサガン鳥栖なわけでありまして。

鎌田大地、田川亨介、石川啓人、福田晃斗・・・今は若手が活躍できる場になっています。

U-18から倉員宏人という選手も、この前のルヴァンでベンチ入りいたしました。

今のサガンは、14年前の弱小期とは違い、現状中位ではあるものの、好機を作れれば、中央突破にサイドクロス、何でもできるチームです。

原川力選手のフリーキック現地で見て、感動しましたよ。

 

さて、話は長くなりましたが、このキャラの設定をしますか。

 

・2月4日生まれ(鳥栖フューチャーズ解散騒動の日)

鳥栖市出身の20歳

・足はレフティー(当方が手は右のくせに足が左利き)

・好きな選手は川前力也佐藤大

ウィントスは好きだが、好きな食べ物は焼き鳥

ベストアメニティスタジアムの翌日が日曜の場合、馬券買いに佐賀競馬場

・好きなチャントはVAMOS

・リフティングが下手くそだが、ドリブル突破は相当な技術持っている

・犬川則網ちゃんとは旨酒を酌み交わす仲ではあるが、見た目で居酒屋から追い出しくらいそうになる

 

これだけ設定を付け加えておけば、大丈夫だろう。

 

というわけで、自分は寝ます!