坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

笛綸ちゃんの活動日誌 23時間の沈黙『ダメだねえ…』


f:id:sakai-fate:20170514213859j:image

 

失敗は誰にでもあるものの、自分の失敗がとてつもなく大きいものであり、本で模索しても出てこない。

本は最初の1回ならサクサク進むものの、1回見たら二度と読まないようなことがあり、続かない。

「じゃあ、意味がないじゃん」としか思えず、どうしようもない。

今日はかなり歩いたものの、明日、本当に歩くかは謎。

いよいよポイントを使い始めて惨状が続く。

『甘い誘惑』につられて、もう何ヶ月になるやら。

ただ、今は20日を待つしかなく、ひたすらあがくだけだ。

苦しい状況が続いても、いざピンチを切り抜けるしかない。

 

さて、冒頭にもありますが、また本を買いました。

 

貯められる人は、超シンプル

 

こういう本でして、勉強の最中なので、内容把握までしばらくお待ちください。

物欲とか、貯める人はこうやるとか、書いてあるんですよ。

真剣に勉強して、頑張ります!

 

本の増やし過ぎでも、物欲が出てしまうので、この機会に、何でも断つことができればと。

 

後は、個人的には、家にある絵の本と、持ってきてもらった作詞の本で、『クリエイト』を開拓したいんですよ。

冴えない彼女の育てかた』で、バッと思いつきました。

「いつまでも何も産まない人間でも、創る人間にはなる」、的なものを、安芸倫也が霞詩子(霞ヶ丘詩羽)に伝授されたように、『産むものを身につける』ことで、今後のプラスになるかもと。

お金にはならないかもしれないし、インターネットに公開したところで、黒歴史にしかならないかもですが、書き方(描き方)学べば、産むものを産めると思います。

イラスト本は置いてきたので、21日の機会に取りに行くとします。

 

あるRTで回ってきたものですが、「始めることを1年続けることで、経験1年となり、去年やってたらだと、後悔してしまう」というものでした。

だから、やらないと何も始まりません。

それは、日常生活においてのお金の貯め方使い方もそうですし、趣味面でも、やらないと『実行した』にすらなりません。

だから、自分は必死に本を読んで、学んで、頑張ってみるのです!

 

クリエイトする時の名前は、『坂井』にちなんだものから取りますが、今はまだ、何もクリエイトしていないので、ここからです。

 

勢いでスタートしても何もならないので、まずは『経験』です。

27歳9ヶ月で、スタートラインに立ってみますよ!

ありがとう、霞詩子先生!ありがとう、『冴えない彼女の育てかた』!

 

まあ、この発言がかえって地雷かもしれませんが、まずは0から1です。

今の日常じゃ、0を足してるようなもんですし、0をかけても0ですから、真剣にやります。

 

何で作詞かというと、以前、DTMの機材買って、そのまま放置で何もやっていませんでした。

そのDTMが、Win10問題でやられたため、機材更新には10万かかるため、残っている作詞に。

 

もちろん、絵は8年くらい放置して、何もやらなかったツケを、ここから取り戻そうかと。

『無理』はないですが、やらないと『無駄』なので、急いでこの分野の本を、取ってきます!

 

これで、物欲も暫くは飛ぶかもしれませんが、課題が課題なので、ちょっとしたことでも難しいとは思います。

 

別項目に『笛綸ちゃんのクリエイティブ思考』とでも、つけて、ブログを書いておきましょう。

完成まで2年くらい要するかもしれませんが、頑張ってみます!

 

14回目の活動報告の宣言がやたらと重荷になっていまして、これを守れていませんでした。

この宣言は無理かもしれません。

ですが、自分なりのフェアを見つけて、だーっとこれに近いことをやります!

 

それでは、おやすみなさい!

坂井笛綸の悩み 2度目『よーく思考を凝らした』

昨日の今日で悩んでいる男が一人。

坂井笛綸と申します。

 

こんなことを思っていました。

 

今、4万円(くじで当てた奴)が生きていれば、今頃明日には、誰に言われようが神田祭でμ'sといけて、その上、『冴えカフェ』に行けたはずだ。時期的なものだから、2018年とかには、もうやってないよ。

 

未だに、旅のことで悩んでいました。

ですが、こういう考えで、終息しました。

 

自分は2018年には、就職していくことになる。そのため、2017年という期間には、アニメより先に、やらなければいけないことが山積である。貯金を貯めたにしろ、2017年中に羽目を外すことは、2018年の就職には何も役に立たない。

 

要するに、これ、『旅行に囚われすぎてたことがきっかけで、見えてなかったものが、今、見えてきた』ということです。

 

今までは、どちらかというと、『早期旅行』に囚われがちで、10月以降に何をするのか、というのが見えず、更にそこに、別タイトルを組み合わせた上に、借金にまで囚われ始めて、遂に前より後ろを見るようになった、という状態ですか。

 

ところが、いざ、目標が『旅行』だとすると、旅行はせいぜい長くても3日だけで、行った後、後悔することがでるかもしれません。

だから、支援者の皆さんは、3月に集まった際に、後悔を産まないように、必死で引き止めたと思います。

就職は、した後に後悔したとしても、一定期間内は、ある程度のお金を見合うことができますから、連休があるところは、じっくりと後で考えさせて、お金が入ってくることを確認して、後にバッと旅行に行く、という。

就職は、生むものが多く、後悔も生むかもしれませんが、多種多様のプラス要素も生みます。

 

この多種多様は、『才能開花』として、後に資格取るのもありだし、『生活改善』として、生活サイクルが今までと違って、安定するし、『最適収入』で、今後のお金の運用を見つめられる。

 

今は、種も蒔いていない更地の状態ですが、種を自分で蒔いて、その花が咲いて、やっと、自分の素敵な人生が、待っているでしょう。

 

今まで考えていたのが、金か旅行かの二択しかなく、極端な考えしかしていませんでしたが、ここで『ステップ』という単語が生まれました。

 

まさに、踏み出すときは、今しかないでしょう!

 

ただ、コロコロと考えがいつも変わるため、この思考は長く続かないかもしれません。

いくら自分にはアスペルガーというハンデがあるからとはいえ、土俵は健常者と同じなわけですから、悩みはいつでも抱えて、思考がまた悪化する可能性もあります。

ただ、言えるのは、自暴自棄になりかけても、誰かに悩みを相談することで、ストレスは発散するでしょう。

 

今はストレスを暴飲暴食につなげてしまって、少し前より体重が増えてしまいました。

これを運動や作業など、通常の行動で、減らすことは可能です。

もちろん、最近飲んでいないお茶も、効果をもたらしてくれる可能性は十分にあるため、コーラから、少しずつでも、変えていきます。

運動は、ラジオ体操からでも、しっかりと体を動かして、ウォーキングも近々、足を伸ばします。

動いていなかっただけ、体も重く、鈍ってしまいましたから、少しでも動く努力をします。

減らしていくことで、気持ちも軽くなるでしょう。

 

お金のことについては、もう、自己責任ですが、最善策を施した上で、きちんと管理します。

もし、1万円でも自己管理が無理なら、1日200円に、住宅の管理人に任せて、やってみたいと思います。

その気になれば、7,000円貯金も可能ではありますからね、趣味を封印しないと難しいですけど。

 

まず、やることはこの通り。

  1. 旅行より就職を考えた方が後々に楽である
  2. 少しでも運動して、気持ちを軽くして、暴飲暴食はしない
  3. お金の管理は必死でやること、趣味はやってもいいが、ギャンブルには手を染めない

 

これらを実行すると、財布は重たくなりますが、気持ちと体は軽くなります。

今まで発言して、ブーメラン投じていただけなので、しっかりとやっていくことが、大事だと感じました。

 

梅雨入り前です。

雨で憂鬱になるかもしれませんが、やること、やれることを、しっかりとできるようになって、初めての収穫です。

コツコツと、未来に進みましょう。

笛綸ちゃんの活動日誌 22枚拾得『5月11日決戦』


f:id:sakai-fate:20170510162816j:image

 

蛇の抜け殻というものを手に入れた。

何の種類かは分からない。

もちろん、金運を上げるには、努力次第だ。

早速、財布の中に折りたたんで入れて、効果が出るのを待とう。

 

拾ったのも拾ったで、明日、第717回の全国自治宝くじが、開かれる。

とにかく、1,000円でも200円でもいいから、コーラ代として、欲しい。

10万円以上が4,503本出るらしく、1万円も40,000本用意されている。

しかし、数字が異なるため、『数百分の1』ではないんだよなー、これが。

これに決着をつけ、お金の使い方は、考えながら努力して、貯める方法も見つけようと。

 

とりあえず、休憩したら、洗濯物など、片付けて、今日はスッキリとした部屋で、寝ます。

笛綸ちゃんの活動日誌 21日間の動向『GWは地味に』


f:id:sakai-fate:20170509214821j:image

 

屋根より高いこいのぼり

と申すが、金額的にはいくらかね?

 

というわけで、大型連休を、あっけなく過ごしたか、派手に過ごしたか。

 

答えは『派手』である。

地元に帰っては母に報告し、という日々が続いた後、ようやくこいのぼり見に行って落ち着いて、服を買ってもらった。

 

その間にも、このようなことをやっていた。

 


f:id:sakai-fate:20170509215121j:image

 

和奏ちゃんと、坂井バス停。

この後、丸徳のうどんに寄った。

確かこの時、22日くらいだったか、44,200円に揺れてた時、必死でうどん探してたね。

佐賀駅で探す金も無くなったから、諦めて地元に戻って、丸徳の肉うどん、ということだ。

『丸徳』という店は、川副町の県道30号線にあり、店のおやっさんがテコンドーをやってたことが縁で、五輪選手を輩出した有名店、な感じで営業している。

ここの名物はカツ丼で、上級品に『丸徳丼』という、未だ見たことのない1,000円の丼物がある。

それを嫌って肉うどんなのは、いつも母方の祖母が、出前にうどんを取ってくれたからである。

その肉うどんは、柔らかくて、油の乗った、質のいい逸品である。

うどん麺も少し柔らかく作ってあるため、食べやすい。

食べるとするなら、やはりうどん。

誰かがここの肉うどん取り上げてくんないかなー、と。

 

で、これ。
f:id:sakai-fate:20170509220315j:image

 

ほとんど『君色シグナル』しか歌えなかった、カラオケの成績表。

辛うじて『坂井三部作』のローテーションは歌えて、結構歌えてないものがある。

全15曲程度で、滞在時間2時間という、フリータイムにはもったいない。

この後、本を探しに行ったが、全滅で、県立図書館に行くと無く、市立は月曜休館、という最悪の二の足踏んでいる状態。

本当に『本当の私を見つめてほしい』のだろうか。

まず、自分から、自分のことを、見つめ直そうか。

冴えない彼女の育てかた』、加藤恵が現実にいて、安芸が坂井だったら、こうだ。

 

加藤「あ〜、はいはい。坂井くんは行動も示さずに、少しよくばりになっちゃうからいけないと思うよ?」

 

…原作の『冴えカノ』すら言ってないと思うわ、こんなの。

 

加藤よりスペンサー派だったが、スペンサーの方をアイコンにして、自爆しただけに、加藤アイコンに変えているわけで。

 

この2週間ほどで、本当、全然変わってないや、と思う、坂井でありました。

 

では、おやすみなさい。

 

坂井笛綸の悩み 1度目『白黒して後の祭り』

活動しているのか分からないため、別項目でカテゴリ作って、悩みを言います。

 

私、坂井笛綸には、いくつかの悩みがあり、それを解決するには、方法が絶望的に思いつきません。

 

 

たとえば、先程ツイートしたこの件を纏めてみると

 

坂井笛綸は、4月20日に5万円という大金を獲得し、翌週になってから、『旅行したい』と考えた。しかし、周りからは厳しく非難された上、『行くな』といわれた。その前には、母からパソコンを買ってもらうなどして、大量の『借金』を抱える羽目となり、祖母にも今までの『預金』を汚い手で貰っている『自業自得』状態だった。思えば、5万円あったら、はかた号で東京往復して、沼津に行けないにしろ、『冴えない彼女の育てかた』という選択肢があったはず(イベントは21日で終了しはしたものの)。だから、周囲を振り切って、はかた号なり手配しておけば、『旅行』は達成した。また、第3希望として、関西5私鉄を回る旅もできたはずだ。それらが、今になって、かなりの勢いで、自分に跳ね返り、今は『金返せ』にしか変換することができず、もがいている。さらに、くじを引く野望を捨ててないが故に、後悔が更に増す一方であった。

 

少し長くなりましたが、要は『周りなんて気にせずに、即、行動を働けば、何かの得になった』と言っておけばいいでしょうか。

 

この前からぶつぶつツイートしているとおり、『パソコンが引き金になった、借金返せない。』と、その内容ばかりに囚われている状態で、この前の森田療法の本も見れず、白黒思考ばかりになっています。

 

方法が見つからないのは、はっきりいって、やはり『自分の行動力のなさ』、『即座に判断できない』、そしてなにより『本来の悩みの種が、跳ね返った』という、自分のいつもの『壁のぶつかり方』です。

 

そもそも、PCで17万程度使って、その間に宝くじ250口くらい(100円のもの合わせて4万程度)買うし、本やらラジオやらに4万投じて、合わせて25万円という、晒し首状態の金額になっていますし。

 

家は携帯代で火の車と聞いて、大変なことになっているようです。

その事態で、未だにくじやら何やらで抗おうとするのが、とてもなっていないと思ってしまいます。

 

この状況、『シリウス藍井エイル)』の2コーラス目みたいに、なるのでしょうか。

 

解決方法は2つ。

 

結局『時』または『金』。

 

両方とも手に入れたいなら、『事を起こすまで待ってもらう』。

 

結果的に『旅行をしたいことが、一気に借金のことで囚われることとなり、他人の責任にする一方で、自分は何もやらない』が続いて、今に至ります。

 

それで、白黒思考という、『物事を良い方か悪い方がで混乱し、黒の方が焼け付く』という思考に囚われ、黒判定が表に出ると、いつも何故か『死刑受けろ』という、極端な黒い思考のあらわれが出ます。

 

ここで鍵となるのは、『甘やかされず、否定されても、立ち直るためには』という、一つの山。

 

もちろん、最後には黒しか待っていないわけですから、そこから、『自力を付けていくにはどうするか』、という、少し楽な考えを見つけるわけです。

 

そこで、先日言ったとおり、『旅行はしばらく諦める』という導き方も出せましたし、『借金は、必ず返しに行く』という考えも出しましたし、それまでに、怠らずに『自分を改善させる方法』を見つけるだけです。

 

ただ、どうも、『薬は一瞬で効果が消える』みたいなことが、ここ何日かで起こってしまい、先週の考え方が滞ってしまいました。

 

本を買っても、意味が無かった感が強く、真面目に考えられないのです。

 

急速に『変われ』、といっても、もちろん変われません。

だから、今、できることを模索し、少しずつ集中できる『何か』があれば、ということを見つけていこうと、思います。

ただ、思っていても、思い悩んだら、また、実行できなくなりますから、『素早くやれる方法』ということを、パッと実行します。

 

長々となりましたが、自分の悩みは、今のところ『解決策模索中』とだけ、言っておいて、ここまでとさせていただきましょう。

 

また、考えが思いついて、出てきたら、『笛綸の解決方法!』として、記録しておきます。

 

お付き合いしてくださって、ありがとうございました。

笛綸ちゃんの活動日誌 20回目の決意『率直な思いを伝えた』

これで、これでよかったのだ…

 

坂井笛綸、決意しました。

 

この先、例え10万円転がってきたとしても、静岡県の旅行は、考え直して、当分行かないこととしました。

 

つまり、夢を『語る』だけだったので、『諦め』を伝えました。

 

貯金をすることにかわりはありませんが、ここでスパッと諦めることにより、『貯めなければいけない』や、『坂井の本気を見せろ』など、『重圧』が一気に軽くなると思います。

 

なので、ここで『潮時』とさせていただきます。

 

いつ10万円入るかは分かりません。

 

就職したとして、月1万円貯めても、辛抱が大切になりますから。

 

その間、目標としていた『ラブライブ!サンシャイン!!』の催しは、もちろん行けません。

 

しかし、我曰く、『佐賀で楽しめるものを考える』、と、決心しました。

 

佐賀から2,000円程度で行ける範囲で行われていることならば、博多や唐津には直接いけますし、筑後地方もくまなく楽しめます。

 

少しゆっくり考えてから、『旅行』という、大きな目標を立てたい、そう、自分は進みます。

 

まだ未熟かもしれませんが、突き進んで參ります。

 

以上です。

笛綸ちゃんの活動日誌 19世帯『こだわり』


f:id:sakai-fate:20170430235414j:image

 

朝とは違うお話をしよう。

 

自分として、いくつかのこだわりがあるのだが、その中でも、『名字』という拘りがある。

好きなキャラはみんな『坂井』で統一されている(和奏、理奈、悠二など)。

これにはある単純な理由があるが、なんだろな。

その内お金が貯まったら、『TARI TARI』などのアニメ作品以外にも、作詞家に坂井竜二、キャラデザに坂井久太という、アニメに携わっている『坂井』の人たちの作品を拝みたい。

 

この『坂井』ユニも、サガン鳥栖坂井達弥という選手がいたから作れたこと。

ねんどろいど和奏も、奇跡的に売られていたから、買った。

ただ、他の『坂井』には疎いため、もうちょっと考えたい。

 

地名の『坂井』も色々と調べている。

現に行ったところは、坂井市と旧・坂井村。

身近にあるのは大川市の坂井。

地元にも坂井バス停がある。

個人的に行きたいのは、新居浜の坂井町と、愛知の坂井温泉のあるところ。

本家本元の新潟坂井(北信越の坂井の聖地)にも、いつか足を運びたい。

 

そんな『坂井Love』を貫きとおし、いつか、『坂井』を受け継ぐ人間が出たら、と思う。

 

7月には『DIVE!!』という、新たな坂井に出会えるアニメがある、見たい。

 

では、この辺で寝よう。