坂井笛綸『使用用途は明確ではありません』

いうがままに生活と趣味について話すブログ

とにかく描いてみる

f:id:sakai-fate:20171013221350j:plain

8月9日だったか、デジタル絵で本格的に描いたのを最後に、絵をほとんどやめてしまいました。

しかし、自分の絵を再開させてくれるきっかけになった人が現れて、その結果、こんなぐんにゃり曲がった絵でも描けるようになった。

少しずつ少しずつ、またバランスを取りながら、絵を描くこととして、精進していこうと思います。

 

やはり、「沼津」という「固定概念」を突きつけられる以上、絵にも仕事にも影響するし、自分は「沼津」を「絶対条件」とさせられているうちは、何もできないんだなあと。

だから、少しでも気持ちを和らげる、あるいは、「沼津」の「固定概念」を消すなど、良い方法を探るために、少し相談に行ってきます。

多分、先生としては「完全に諦めろ」が正しいと思うんですけれど(依然として『借金』を強く見ているはずなので)

自分として少しずつ、少しずつ結果を残していくには、以前発達障害の先生も言っていた通り、ラジオ体操も復活させないといけないし、やはり、前から言っているのに歩かないばかりでは、何の成長にもならないとは思います。

物を買っては間食して、イライラを募らせるだけ。

こういう生活を送っては、絵にも影響が出ますし、仕事にも影響が出るのは当然です。

いずれにせよ模索が必要ですが、絵は4日前にようやく再開できたことだし、また少しずつでも気を晴らすために紙に当たることとして、「絵の情熱」をしっかりと降り注いで、それでこそ、自分の目指す「5年後の有明」、「10年後の輝かしい未来」を描いたほうが良いと思います。

本当に我慢は大事で、「一つのものを達成させるには、10や100の我慢はあって当然」ではあります。

その「我慢」の段階を一歩一歩踏んでいます。

それが一夜で崩れるようでは、本当に自分は成長しないんだなあと。

だから、自分はこの平日、モノを得ようとしましたが、(ポイントは使ったけれど)現金をせびりませんでした。

これは大きな進歩です。

あとは、何にも頼らず、5日間イライラするだろうけれど、「平日に現金をせびらない」ことを念頭に、少しずつでもいいから、「暮らしのダイエット」をして、心身ともに「軽くなる」ことをおぼえていければなあと。

 

で、絵の話に戻りましょう。

自分はとりあえず年月をかけて「底辺絵師」になりたいです。

多分、軽率な発言のせいで再び炎上騒ぎになりそうですが、とにかく「底辺」でも絵師になりたい。

1年後のビジョンとしては、立ち絵でもいいから「坂井和奏と坂井理奈の二人を合わせて1枚に描きたい」という目標

3年後には「底辺でもいいから少しでも『絵師』としてプライドを持てる人になりたい」

5年後には「今まで総じて出た「坂井」という名字に関連するキャラで、少し面白い物を有明で出してみたい」

…色々あります。

そのためにも、絵はもちろんのこと、ストーリーを学ばないと話になりませんし、少しずつ成長していかないと、絵は描けません。

自分として、次第と絵を描くのが楽しくなってきて、毎日絵を描くようになって、その時間が100時間、1000時間と積み重なったらいいかなあと(プロを目指すには1万が目安らしいですが)

結果的に10年後、どういう形になるかは分からないけれど、「佐賀県出身の中では競える程度の絵師」にはなっておきたいです。

今は本当に道具とか技術書とか、そういう「浪費」は必要ありません。

鉛筆と消しゴムで、やれるだけやって、「壁にぶち当たる時」がくれば、また技法を動画なりpixivなりで盗んでいく。

そうすることで、お金は自然と発生せず、自分としてお金が無い状況下で少しでも努力できる環境が見つかる。

今は周りに左右されているかもしれないけれど、少しでも、少しでも、寝込んでいて苦しくても、絵を描きたい!

とにかく、寿命のある限りは、10年後の「輝く未来」を想像して、うまくやっていきたい!

大病患うこと無く、健康な体づくりをして、なんとか耐え抜いていこうと頑張ります!

 

後は有言実行してみるだけ!

迷っている

人の顔色を伺っては自分のやることなすべきことをやろうとしない。

人は自分じゃないのに、他人のことばかり気になってしまう。

結果的に他人のために自分を苦しめつけ、自分のことはどうでもいいとばかり思ってしまう。

他人が幸せならば、自分は不幸であってもかまわない。

結局、他人の都合が良ければ、自分の都合などどうでもいいのだ。

他人任せで自分を決めてしまう以上、他人を見捨てることはできず、常に他人から解放されることはない。

 

では、自分が思っていることは、何故すぐに解決できないだろうか。

 

原因はただ一つ、自分のやることなすことには、必ず「お金」が発生する。

それが今は本当に「沼津」の一極集中にさせられているため、方向転換をしてしまうと、他人を見捨てたように感じる。

要するに、自分は「必ず沼津に行かなければいけない」という呪縛にかかっている。

たしかに「沼津に行くこと」は本来の目的ではあったが、今考えると、「沼津に行きたい」が「壁」になっているせいで、現実逃避をするのではないのだろうかと思ってしまう。

他人は自分を沼津に行かせようとお金をくれるわけではないし、自分は沼津のために貯めようとしても一向に貯まらない。

結果的に、ここ1週間ちょっと、精神的に減退してしまって、「何もやりたくない」状況が続いてしまっている。

これを解決するには何が必要か。

「今やりたいこと」に対して、「全てやれるか」、作業所所長に話すべきである。

 

やりたいことの一番目は「沼津」。

ニ番目は「息苦しさを忘れるため12月に九州内の遠い所で一息する」。

そして、「絵を描くために、少しでも気分を和らげてほしいこと」。

「気分を和らげる」とは、金銭的なことで「何もやれない」と思ってしまうこともそうであるが、やはり、一番の原因である「貯金が不安定で3月も見通し立たず」というのが、自分の足を引っ張っているため、結果的に「確約」をもらいたいわけだ。

この「確約」をもらわない限り、集中できることに集中できないし、いつまで経っても「貯金」に目を向けて「壁」だと信じ込んで、遂には何もかも投げ出す、というようなことが発生する。

ぼちぼち絵は描き始めているが、やはりモチベーションが相当上がらない限りは、色んなことを言い訳にして、投げ出そうとしてしまいそうだ。

少し自分を落ち着かせるためにも、絵を描くことに集中するためにも、言い訳にできない「旅行のこと」に関して、少し向こう側から見直してほしい。

 

最近、作業所所長という「絶対権力者」、いや、「支配者」といったほうがいいか、その人物は自分の話を全く聞こうとしない。

しかし、自分の失態をすぐに隙を突いて反省させようとさせるし、すぐに修正をさせようとして自分にきつい言葉で投げかけてくる。

結果的にそれが何に対しても「ダメ」としか言われていないような気がして、「沼津行くな」とか「他のことをするな」とか、言っているような気がしてならない。

だからすぐに仕事を押し付けて命令して人の話は聞いてくれない「支配者」となって自分の前に君臨し、「国家主席」みたいな面をしている。

 

だからといって、自分を助けてくれた恩人だからこそ、この所長の案件は全く蹴ることができない。

所長が言っていることは絶対であり、所長が違反だと思っていることはやりたくはない。

自分が悪あがきしようとすると当然、所長は止めに行くはずだから、所長の顔色は常に伺っておかなければいけない。

所長のため、作業所のために、自分を捨ててまでも、「自己主義」を捨ててまでも、常に他人のことは思っておかなくてはならない。

それが身を滅ぼすことであっても、自分は所長にはついていかなければならない。

 

よって、自分のやりたいことは本当に「来年1月、全て支援会議というものが終わってからにしろ」ということになり、その支援会議も終わった後には職業訓練が待っているわけだから、結局来年3月の本当に行きたい日に自分は旅することができないし、その職業訓練は蹴ることができないから、行けなかった分、後悔するであろう。

母に協力要請済だが、相談センターにも間接協力をしてもらい、「自分の言えないこと」を片っ端から作業所所長に聞いてもらい、どうしても聞いてもらえないなら、抵抗するしかない。

やはり、皆「来年まで待て」で全力で自分を阻止しにくるだろう。

気持ちが焦るばかりで仕方ないが、とりあえずは今年にしかやれないことが、来年やれるのだろうか。

来年まで我慢しておけば「フリーになる」のだろうか。

いずれにせよ、苦しいままで、「今年に必ずやっておきたいこと」が塞がれる。

「貯金を減らしたくない」ということもあるが、いずれにせよ「評価=貯金」で「沼津」を見ている以上、「貯金を使う」は「沼津を消滅させること」に繋がりかねないから、歯が立たない。

だから、「やりたいこと」を他人経由で所長に相談するしかない。

あの怖い所長に直接言えないのであれば、他人から間接的に伝えてもらうしかない。

決死の思いで所長に伝えて、ダメだったら何もかも諦めるか、「沼津」を放棄するなりするしかない。

できれば来週中にはもう解決したいところだが、果たして、小一時間所長と話せることができるのだろうか。

とりあえず今日は寝て、所長に伝えたいことをどうにかして伝えたい。

広告を非表示にする

・・・

自分が滅べば、みんなが平和になるだろうか。

自分が歴史から抹消されれば、地元が穏やかになるんだろうか。

発達障害に生まれて、川副という町に生まれて、本当に不幸でしかなかった。

アスペルガーをもっていて、様々なトラブルを起こし、いつしか周りとも距離を置きっぱなしになっていた。

入院も3回して、長いときで11ヶ月も入院したが、自分が周りに対してストレスを感じるのは未だに変わらない。

家族の問題、佐賀空港の問題、発達障害特有の問題…色んな問題がストレスや精神疲労を与え、自分を進歩させようとしない。

この際、自分がいなくなったら、周りは何も変わらないし、平穏になるんだろうなあ。

やろうと思ったことを支援者という「壁」に阻止されるし、未だに沼津を追わされる。

精神的負担が大きいままで、一体、何のために自分は生きているんだろうって。

作業所は「絶対権力者」であり、「恩人」でもあるから辞められない。

住宅を出ようとするとまた佐賀空港問題に巻き込まれる。

旅などに現実逃避をすることは断じて許されない。

逃げ場がない。

やっぱり、ここは自分で逃げ場を作るべきなんだろうか。

となると、逃げるには確実に今抱えている「金銭問題」や「ストレス」から離れなければいけない。

沼津に行くことも、日帰りで博多も、何もかも現状許されない。

となると、やはり「自分が滅ぶ旅」をしなければいけなくなる。

早く自分がいなくなれば、支援者全員が自分の支援しなくて重荷がなくなるし、万々歳。

現状、頑張っても「努力が報われない」状態が続いているんだし、8月の会議で沼津行くのを辞めさせられたし、別の目標もできないし。

ここでドロップアウトすれば、みんなが自分を諦めてくれるんだし、きっと、円満になる。

この28年間、何の良い事もなかったし、苦しいことばかりしかなかった。

そのせいで自分を何度も傷つけたし、他人を何度も傷つけた。

ここでいなくなれば、他人は傷つかなくて済む。

今から旅を始めよう。

広告を非表示にする

坂井笛綸の悩み 4度目『自分に弱すぎる』

自分は自分に弱すぎ、尚且つ「結果」ばかり求めていて、変わる気すらないねって最近気づきました、坂井です。

結果的に、自分という男は、「簡単に変えるのが難しい難癖のあるダメ人間」としか思っていません。

今回、「絵を描けるようになり、同時にダイエットをする」というまた高い目標を敷いて頑張ろうとしましたが、何もやらずに1週間くらいグルグルしちゃってますね。

お金をもらったらお金に「安心して」使うようになり、お金がないと「不安になって」求めてしまう。

だからパチンコも辞められないだろうし、お菓子だって食べてしまうのだと思います。

自分に弱い理由

何故自分に弱いのか。

それには自分ですら未だに気づいていません。

自分に弱いことは全てに対して弱気になることだと思うのに。

いつまで経っても弱いままだし、ずっと何もできないと感じてしまう。

些細な事で弱くなってしまって、いつの間にか心を荒げてしまう。

どうしようもない自分だ、とばかり思ってしまう。

何故なおらないのか。

いつも振り出しにしてしまいます。

お金を持つと「安心」、お金を持たないと「不安」、自分が欲しいものを持つと「安心」、欲しいものを持たないと「不安」。

本当に自分は、この「安心」と「不安」の狭間で、未だに葛藤しているんだなと。

だから他人に口滑らせることも多いし、滑らせた結果、旅行も自分の思っていた「12月~1月」ではなく、「3月」になったんだあと。

今更何も覆ることはない。

それはサッカーのジャッジのようなもの。

「沼津に行くべき」か、「絵を描くに投資」か

今悩むべきこと、それは、「沼津に行くべきなのか」ということです。

沼津は8月までは「行けない」だの行って、格闘しながら「貯金したら」”獲得”できる権利となりました。

しかし、貯金したとしても、「来年3月まで実行できない」というジレンマがあります。

ここに割り込んできた直近の夢が、「ほぼ8月で止まっているお絵描きを、また再開させたい」ということ。

今まで何故、「絵を描く」といいながら、止めていたか、だいたい想像はつきます。

ようは、「技術を他人からもらいたいから」、「他のところから技術を分けてほしいから」、やめていたんだと思います。

でも、「描かないと技術は渡すことはできない」というのが、最近、ある方と相談していて分かりました。

だから、「描くのにお金がかかるものなのか」、そこで葛藤しています。

スキルを学ぶために絵画教室にデッサン練習にでも行ってからマンガイラストを描くのか、それとも、まずは紙と鉛筆だけ持って、手元の資料だけで描くのを優先したらいいのか。

手元の資料はゆうに20冊くらいあって、使えるはずなのに、使っていなくて、バカみたいに役に立っていません。

これでは何の意味もなく、本当に停滞したままで、「弱気な自分」を未だに変えることができず、自滅してしまうのかもしれません。

そこで、「沼津を諦めてまでアート練習をしたらいいのか」、「まずは沼津に行って、アート練習は今からでもいいので紙と鉛筆から始めて、教室などは後回しにしたらいいのか」、本当に悩んでいます。

発達障害の専門の先生に問い合わせているところですが、あの方の意見からすれば、率直に「旅行は諦めなさい」なはずで、その方の発言を信頼したほうがいいかもしれませんが…

いずれにせよ、未だに心が弱いままで、中々他のことに手を出せずにいます。

誰か助けてください。

坂井でした。

笛綸ちゃんの活動日誌 -36g『努力を報わせる!』

f:id:sakai-fate:20170929174811j:plain

最近、ぶくぶく太ってきている、ヤバイと思って、エサを用意しました。

うまい棒30本』という、今にもドカ食いしそうな代物ですが、これを食べるには条件を付けます。

名付けて!『1日1本うまい棒チャレンジダイエット』!

カロリー数35KCal前後のうまい棒ですが、最近の間食が半端なかっただけに、本当に1日1本「こいつだけ」しか食べられないという、ものすごいアバウトな方法をやりたいと思います。

ただ単純にうまい棒が食べられると思ったらダメ!

もちろん、条件をつけないといけないので、「努力は自らで報わせる」。そういった方法で、気持ちを新たに、体をスッキリとさせて、痩せます。

うまい棒チャレンジダイエット条件詳細

  • 作業日は必ず作業を行うこと、晴れた日は必ず歩くこと。
  • 作業がない休日、悪天候の日は無効となり、間食はできない。
  • 歩数は5000歩/日を必ず達成させること。
  • 1日買えるうまい棒は1本だけ。2本以上は「大量買い」とする。
  • 『週末ボーナス』として、350KCal以下の間食を「1つだけ」行うことができる。ただし、「作業日に働いていること」、「晴れている時に必ず歩いていること」が条件。
  • 週末ボーナスは悪天候の日が2日以上、病欠のどちらかで取消
  • 飲物はフリー。ただし、500ml以下の飲料1本またはお茶のみ。コーラ1.5L買いなど、大量のジュース買いは禁止。
  • エナジードリンクは厳禁。
  • ただし、作業日作業、運動を行っていたとしても、以下を怠ることにより、ペナルティとして1週間間食禁止。
  1. 土曜・日曜に清掃を怠っている。
  2. 土曜・日曜に洗濯を怠っている。
  3. 『週末ボーナス』以外に何らかの間食をした。
  4. 501ml以上のお茶以外の飲料を飲んだ。
  5. 1週間に2,000円以上娯楽費に使う。(スポーツ観戦も同様)
  • 体重を5kg減らすまで原作本以外のアニメグッズ、スポーツグッズ購入を禁止する。
  • 1日活動した記録は必ず記録を取る。(何円使った、何を買った、何をした)
  • 旅行予定日の2018年3月4日までに体重を退院前の77kg以下に戻すこと。これを怠った場合、旅行剥奪。

条件としては以上になります。

これらを守り、「道楽を制限し、間食を制限し、更に努力をする」ことで、生まれ変わることとします。

これが失敗すれば、赤文字でも書いてあるとおり、『旅行剥奪』で進めていきます。

体重を77.0kgまで戻さなければ、旅行も危ういことだと、自分は本気で努力する!

頑張ります!

追記:これを書いていて、目の前にうまい棒置いていたら、1日で30本を夜中に食べてしまったので、追加ルールとして、「買えるうまい棒は1日1本」を付け加えました。

笛綸ちゃんの活動日誌 35通り『意志の弱さ』

f:id:sakai-fate:20170927210758j:plain

9月23日、加藤恵が誕生日を迎えましたので、ねんどろいどを開封して、ケーキを買ってお祝いしました。
ちょっとの癒しにはなったので、イライラしながら己との闘いを頑張って、ゴールに向かってひたすら辛抱するだけです。

しかし、未だに解決しない問題は沢山あります。

我慢すれば我慢するだけ後のご褒美が大きくなりはしますが、では、「途中で何か楽しいことをしたい場合、楽しいことに走ることはダメなのか」

たしかに、楽しいことをすればするほど、お金は必要なわけですが、お金には有限があるので、すべてを手に入れることはできません。

自分が今やりたいことは、「サガン鳥栖戦に行きたい」、「できれば九州場所」、「冴えカノグッズ買いたい」、「桜Trick完遂」いっぱいあります。

でも、これらを叶えるには、最低でも1万円や2万円かかります。

じゃあ、「諦める」とか、「我慢して先延ばしする」とか、”嫌でも”やらなくちゃいけないのか。

こういう根本的な「金銭と旅行に対する目標の中のルール」で、「グレー」がでるから、自分はイライラする。

我慢できないのは発達障害の特徴だからで、それは直さないといけない。

じゃあ、「我慢の仕方」って、単純に「買わなきゃ済む」ということなのか。

あいだあいだで息抜きもなしに、1,000円使うのですら息が詰まるように難しくなってしまう。

「菓子とジュースを我慢する」というだけなら、守れそうだけれど、「欲しいものは全て後回し」にすれば、解決することなのでしょうか。

自分のルールには、「菓子ジュースを我慢する」、「パチンコをしない」、「サガン鳥栖は福祉チケットで行く」、「欲しいものはすぐには求めない」という4つのルールを貰っています。

しかし、このルールには「壊れたスマホカメラの財源は自分で賄わないといけないのか」、「結果的に貯めたとして足りないなら先送りになるのか」など、まだまだ細かい部分は書いていません。

「貯めた時に言え」と他の人に言われていますが、貯金40日目くらいの現時点で音を上げているのは、「絶望的」という単語が何に関しても現れてくるからで、「我慢」をクリアしたとしても、「絶望」が続くのでしょう。

現段階では何月に話し合いがあるのかは、定かではありません。

来年1月下旬にあればそれでいいや、くらいには見積もっているのですが。

期限満了である「2月下旬」が来ないと、スマホも修理できなくて、その上「冴えカノ」も「桜Trick」も延長なんでしょうか。

そして、今シーズンのサガン鳥栖はもう行けない。

こういう「絶望に追いやられる時」に限って、パチンコに行こうとして、更に絶望に追いやっているので、正直いって、今が一番辛い時です。

乗り越えられるには、来月の貯金が3ヶ月計で3万円に達していないと、実感が沸かないかもです。

それを達成するには、残り500円でこの9月を乗り切り、支給される3千円で土日の飯代を買って、来月に1万3千円以上貰わないと、きついです。

現在の貯金残高は17,500円なので、もうこれ以上使うと、ずるずる行ってしまうので、歯止めをかけないときついです。

そのためにも、まずは我慢できる所を我慢して、カットしていくことが、大事だと自分の中では思います。

絶対安定で5万円貯めるのは最終的に来年1月下旬を予定しており、5万円に達した場合、支援者を集めて、会議を促したいです。

「努力した」をアピールできれば、自然とみんなが納得するはずですし、自分も変わっていることでしょう。

まずは、「怠る」ということが一番いけないので、引きこもってボーっとしている日常はまず変えたいですね。

作業所だけで運動しても、5千歩歩いている運動量にしかならないので、日常でも1万歩は行きたいところ。

あと4ヶ月で、太ってしまった自分を、もう一回70kg台半ばまで戻したいですよ、願わくば。

お菓子ジュース我慢、健康的な生活。

あとは「やる気」を補うために、いつかまたイラストを描けるようになったらなあと。

どうしても「練習法」だけ求めて、ピタッと止まってしまっているので。

本当に何か頑張らないとまずい。

それでは、また仕切り直します。

笛綸ちゃんの活動日誌 34回目『答えというもの』

f:id:sakai-fate:20170907223557j:plain

前回のブログ記事で

>これからは、無駄遣いを無くしていくためにも、少しずつ制限を加え、ギャンブルを禁止してから、お菓子を禁止して、コーラを禁止して、土日の食事も安いもので済ましていく。

>アニメグッズも、本当に欲しい物以外は極力買わない。

と打っておいて、

・パチンコのハーデス打ってしまった

・自分の通帳を奪い去って3万円下ろし、再び戻す

加藤恵ねんどろいどを買ってしまう

という暴挙に出てしまいました。

物欲と貪欲に負けて、他人から批判を喰らい、最終的に総攻撃喰らって、禁止令をいくつか出され、自分としてピンチな状況が続いています。

「欲しい物買えたのはいいんだけれど、結果的に損も買ってしまった」みたいな図式になってしまいました。

しかし、よくよく考えてみれば、旅行をするためにお金に制限をつけるという構図の「答え」の出し方が、よく分かりません。

相談センター、作業所施設、住宅、三者が違う意見を後々に言っているように感じ、どれが「正解」なのか、分からなくなりました。

それぞれの言い分を聞くと「1万円必ず預けて、残った工賃だけ自由に使える」というふうに取れます。

しかし、それを続けると、「工賃を1万円以下でもらう月が発生する可能性があるため、月0円生活をやらされるハメになる」という場合があります

このままでは、自分を旅行に導けるような条件が、来年の2月に確定せず、3月はまた持ち越しになるのではないかという不安。

もう一回整理してもらうために、会議の議事録をワープロで打ってもらって、この間の会議で決まったことについて、きちんと白黒をつけないといけないです。

三者三様の意見に振り回されていては、旅行もグッズも、何もかも得られなくなってしまいます。

自分は専ら、作業所の人の意見しか聞いておらず、「作業所の所長が言うことは絶対である」としか、思っていないので、信頼できるソースは、作業所の所長くらいなものですけれど…

今回、「預ける意味が無いのでパチンコ禁止令」を住宅から、「通帳盗るため自宅戻り禁止」を作業所から喰らいました。

これから先、禁止令を絶対的に守っていかなければなりません。

そのため、現在「スロットのハーデスを打ち、結果がどっち転びになるか分からないが、勝ったら欲しいアニメグッズと絵の記述書を買い揃えて、絶対に辞める」という企みをしているのですが、前述の禁止令を喰らっているので、それができません。

辛くはありますが、守るべきもの守らずして、お金を貯めることなど、難しいですからね…

 

とにかく、三者三様の意見が分かれている「何円預ければグッドラック」なのかを、明確にしてほしいです。

では、今週はここまで。